HOME委員会金型品質評価研究委員会
 
設立趣旨  金型製作や適用領域に代表される各種の型技術は、自動車産業、電気・電子産業などの海外展開および金型製造拠点の移行に伴い、各種の金型の品質安定化に関しては問題点が多く内在している。特にダイカスト金型やピンなどの品質安定化技術には表面処理の適用が避けて通れない。本委員会では、ダイカスト金型に使用する各種の溶融金属における表面処理材種の評価技術の確立、寿命向上のための最適な表面処理材種の検証をメインテーマとして実施する。更に研究成果については関連企業へ適用して実証試験より表面処理の有用性を検証する。また、関連企業との情報交換、共同研究、関連団体との技術交流などを行い、素形材産業の発展と日本の技術力の向上を目的として設立する。
委員長 日原政彦(九州工業大学 客員教授、日原技術士事務所 所長)
設置期間 2019年4月1日〜2023年3月31日
事業計画  昨年度はダイカスト金型に関する技術的問題点の抽出を委員会のメンバーで検討を行い、金型の品質安定化・寿命向上技術およびそれらの評価技術について情報交換を行った。今年度は議論の多くが主として自動車産業の金型関係の品質安定化に関する問題点が多く、関連企業の技術者を招聘して情報交換を行う。また、共同研究も視野に含め、ダイカスト金型および部品への各種の表面処理種の特性・寿命評価および実機への適用性について、ワーキンググループにより具体的な内容を検討する。
会 費 個人委員(中立研究機関・大学) 無料 
企業委員 1社につき10,000円/年
※委員は型技術協会会員であること
申 込
1ページもどるページ上部へ
一般社団法人 型技術協会