HOME委員会金型品質評価研究委員会
 
設立趣旨  自動車産業、電気・電子、汎用製品製造産業に代表される型技術は、海外展開および金型製造拠点の移行に伴い、各種の金型加工技術・型寿命および品質評価技術などの改善や対策が求められているが、それに伴い多くの技術的な諸問題が内在している。各種の金型においては、その機能発現と品質安定化・寿命向上及び評価手法などの技術の確立が安定な操業にとって最も重要な課題になっている。本委員会の活動は、金型技術にかかわる技術的問題点の中で、ダイカスト金型に関する品質安定化およびそれらの評価技術、寿命改善技術をメインテーマとして、広いジャンルの技術者との情報交換、共同研究、関連団体との海外交流などを通して日本における金型関連産業の技術力向上を目的とする。
委員長 日原政彦(九州工業大学 客員教授、日原技術士事務所 所長)
設置期間 2019年4月1日〜2023年3月31日
事業計画
1) 自動車産業のダイカスト金型の品質安定化に関して、熱疲労特性、焼き付き、溶損など型寿命に関する多くの問題点が内在している。そこで、共同研究も視野に含め、ダイカスト金型および部品への各種の表面処理の最適な適用性・寿命評価並びに実証試験を通して高品質で安定性の高い金型への適用手法や評価試験方法の確立などについてワーキンググループにより具体的な方法や手法について検討する。
2) ダイカスト金型に関する寿命評価、品質安定化、新規金型加工方法・寿命向上に寄与する技術およびより有効な評価技術に関する課題について参画委員内において議論や検討を行い、関連業会へ有効な資料・情報提供を行う。
3) 年間4回の委員会開催、ワーキンググループによる共同研究テーマの選定により関連業界への緊急性や有用性の高い適用技術について検討を行う。
会 費 個人委員(中立研究機関・大学) 無料 
企業委員 1社につき10,000円/年
※委員は型技術協会会員であること
申 込
1ページもどるページ上部へ
一般社団法人 型技術協会